コピーライター 片塩宏朗

 

 

<経歴>

 

長野県生まれ、東京都在住。

 

大学卒業後にアルバイトで生計を立てるも預金が底を尽き印刷会社に就職。営業職で3年間お世話になった後、日本テレビが主催する放送作家セミナーの受講をきっかけに放送作家として活動をはじめる。しかしながら再び預金が底を尽きかけた2003年、制作プロダクションにコピーライターとして入社、大手広告代理店に出入りをはじめる。「書く」概念をインタラクティブの世界に取り入れ、ダイレクトレスポンスからブランディングまで多数のWEBサイト企画、広告制作に携わる。

 

 

 

2010年

 

制作プロダクションを退社し独立。制作チーム「the bahn」を立ち上げ、フリーランスのコピーライターとして活動をはじめる。

 

 

 

2015年

 

HBギャラリー(東京 表参道)にて濱愛子 片塩宏朗 展 絵と言葉「3133」を開催。

 

 

 

2019年

 

交通広告、新聞広告、WEB広告などのコピーを書いている毎日。今年のM-1グランプリは金属バットに注目。今、アメリカドラマの「メンタリスト」にすごくハマってる。

 

 

<受賞歴>

 

第54回宣伝会議賞ファイナリスト / SBCラジオコピーライターコンクールグランプリ / DATA FMラジオCMコンテスト最優秀賞 / K-MIXラジオCMコンテスト優秀賞 / SBSラジオCMコンテスト協賛企業賞 / 三重県赤目四十八滝キャッチコピーコンテストグランプリ / 全国短歌フォーラムin塩尻入選 / 白鶴酒造日本酒川柳最優秀賞など

 

 

 

<資格>

 

学芸員資格

 

 

 

お問合わせはこちらから