駅伝シーズンの幕開けを告げるプリンセス駅伝2020。駅伝女王を決めるクイーンズ駅伝の予選会でもあるこの大会も6回目を迎えるわけですが、今回は過去最多の30チームがエントリー。

この中から上位14チームが11月22日に開催されるクイーンズ駅伝への出場権を手にするわけです。新型コロナウイルスの影響でトラックレースの開幕が遅れるなど各チームのマネジメント力が問われる駅伝、勝者よりも敗者に光が当てられがちなプリンセス駅伝、今年は誰の涙が駅伝中継の締めを飾るのでしょうか。

それでは今年もプリンセス駅伝2020の順位予想です。

 

1位 積水化学

│予想区間オーダー
新谷仁美ー宇田川侑希ー佐藤早也伽ー飯島理子ー和田優香里ー森智香子

5,000m14分台に突入した注目の新谷さんを擁する積水化学。チーム力が試される競技ゆえNIKE TOKYO TCとの融合具合が気になるところですが、そこは実業団経験者でもありセルフマネジメント能力がすこぶる高い新谷さん、駅伝へのモチベーションも高く自身のTwitterで優勝を目指すと宣言。今季トラックを駆け抜けチームに多大なる貢献をされた卜部さんはプリンセス駅伝は応援で、無理して走るほど積水化学は弱くない。そう、マラソン2時間23分台、3,000m、5,000mでも自己ベストを更新し続ける今や実業団トップクラスの佐藤さんがいる。失敗レースがほとんどない調整力も大きな魅力。新谷、佐藤の二枚看板を中心に高いモチベーションで駅伝に臨む積水化学が大会新記録での連覇を予想。チームのメンバーが最も力を発揮できるバランスを考えて新谷さんを1区、エース区間は佐藤さんに、レース序盤でカメラ独占を狙う。

 

2位 ヤマダ陸上競技部

│予想区間オーダー
清水真帆ー田﨑優理ー筒井咲帆ー西原加純ー石井寿美ー竹地志帆

全日本実業団1,500mで3名の入賞者を出すなどスピードに磨きがかかるヤマダ電機改めヤマダ陸上競技部。なかでも清水さんは日本選手権でも4分18秒で6位に入るまでのランナーに。田﨑さんの3,000mの9分6秒もすごいし、西原、竹地の大黒柱も好調なのも心強い。好調な二人を前半に配置し、積水化学の背中を追う。エース区間は信頼と実績の筒井さん、4区西原さんで順位をひとつ上げられるか。忘れた頃に区間賞、お家芸の6区を竹地さんに託したい。突出したエースがいない分、誰がどの区間でも走れる全員エースのヤマダを総合2位に予想。

 

3位 九電工

│予想区間オーダー
宮田梨奈ー陣内綾子ー加藤岬ーキプケモイジョアンー逸木和香菜ー林田美咲

選手それぞれの役割がある程度明確でオーダーが組みやすい九電工。エースの加藤さんが駅伝に帰ってくるのは心強いし実際強い。キャプテンとなった逸木さんの安定感が今年の九電工の強み。このレベルでの3区と5区を揃えられるチームはそうそうなく九電工を3位に予想。1区には昨年好走の宮田さんを起用しいい流れを作りたい。序盤中盤終盤スキがなく、優勝も狙える充実した戦力。中終盤ではヤマダと熾烈な2位争いを繰り広げる展開に、4区のジョアンさんがライバルチームから50秒奪うことができれば優勝もありえる。

 

4位 資生堂

│予想区間オーダー
木村友香ー佐藤成葉ー高島由香ーダンカンメリッサー田中華絵ー五島莉乃

キャプテン高島さん副キャプテン木村さんと数年前では想像きない体制となった資生堂。大学駅伝で実績のある新戦力も加入し総合力がUP。今季トラックレースに出場していない木村さんの調子が結果に与える影響は大きく、今回は区間5〜6位で走れるとして総合4位を予想(もし不出場なら総合9位あたり)。主力とルーキーの融合で上位を伺う。接戦で迎える3区高島さんの鬼ピッチ走法が楽しみ、中央大卒五島さんは5区起用もなくはない。

 

5位 エディオン

│予想区間オーダー
萩谷楓ー江口美咲ー西田美咲ー山本明日香ー石澤ゆかりー菅野杏華

前年9位のエディオン。今季3,000m8分48秒のPBを出した長野東OG萩谷さんのえげつなさが今年も1区で炸裂するか。2区は江口さんの方が流れがいいのは近年の戦いぶりをみれば明らか。3と5の長距離区間さえうまく乗り切れば上位進出できるはずで、今季は西田さんが区間一桁順位で粘れるとみてエディオンを5位予想。1〜2区で得た貯金をアンカー慣れしている菅野さんまで無難に繋ぎキープしたい。大阪芸大の山本さんを獲得したのは将来を見据えたエディオン的にはいい補強。

 

6位 日立

│予想区間オーダー
田村紀薫ー橋野玲奈ー池田千晴ーメリーシプコー小井戸涼ー佐々木芽衣

田村さんの存在感が増すばかりの日立はその田村さんを1区に起用し中堅チームから大きなアドバンテージを得たい。橋野さんのスピードは2区で、池田千晴さんの3区と5区小井戸さんが大きく崩れる可能性は低く入賞圏内から落ちることは考えにくい。注目はアンカー、どちらの佐々木さんが起用されるのか。

 

7位 大塚製薬

│予想区間オーダー
福良郁美ー藪田裕衣ー横江里沙ー伊藤舞ー川内理江ー棚池穂乃香

スピードと持久力を兼ね備えた選手が揃うだけにオーダーを決めるのが難しい大塚製薬。今年は京産大トリオが勢揃いしてクイーンズ駅伝を決める。今季5,000m16分切りを果たした福良さん薮田さんの序盤でいい流れを作りたい。伊藤さんは消去法で4区、ハーフで力をつけた棚池さんを初の6区に。エースの横江さんが3区で勝負できる状態なら強い大塚製薬。

 

8位 京セラ

│予想区間オーダー
兼友良夏ー盛山鈴奈ー中原海鈴ー中島愛華ー松田杏奈ー足立由真

佐藤監督体制でチーム力が上昇してきた京セラだが、その佐藤監督が辞められ古参選手も退部。トラックレースに山ノ内さんの姿がないのも不穏。それでも力のある選手がまだ名を連ねているだけに山ノ内さんが走らなくとも足立さん、松田さん、TOTOから移籍した中原さんを中心に14位以内を守ることは難しくないし、ルーキー兼友さんが走力通りの走りを見せたら更に上を目指せる可能性も秘めている。

 

9位 ユニバーサルエンターテインメント

│予想区間オーダー
猿見田裕香ー髙木結加ー青山瑠衣ーナオミムッソーニー篠塚麻衣ー伊澤菜々花

コンディションが良ければ強いユニバーサルエンターテインメント。ただそのコンディションが安定しないのが脆さでもある。鷲見さん、和久さんの状態は?それを予想するのが最大の難所。ユーティリティーな選手が多く調子の良い選手でオーダーを組めるのが強み。今季もトラックでの活躍が目立つ猿見田さんを中心にオーダーを組みたい。篠塚さんは3区か5区か、6区は伊澤さんか和久さんか?鹿児島銀行から移籍の高木さんの出番もありそう。

 

10位 シスメックス

│予想区間オーダー
鳴瀧ほのかー坂本茉矢ー堀江美里ー田邊摩希子ー永岡真衣ー西田留衣

ノーリツから堀江さんが移籍してチーム力UPのシスメックスは2年ぶりにクイーンズ駅伝へ。中盤粘って5〜6区で14位以内をキープする戦法のシスメックスのウィークポイントであった3区に堀江さんを起用できる大きさは計り知れない。頼もしい5〜6区があるだけに勝負どころは1区。コンスタントに走れる鳴瀧さんを予想、昨年1区21位の雪辱に期待してシスメックスは躍進の10位フィニッシュ。

 

11位 ルートインホテルズ

│予想区間オーダー
萩野真紀ー西谷沙綾ー日髙侑紀ーパウリンカムルー真部亜樹ー藤田正由加 

4区のパウリン カムルさんが区間賞候補。ここで良い流れを作り今年も3年連続本選への切符を獲得。ただ昨年5区2位と好走した明石さんがエントリーしていないのが不安材料。3区日高さんにかかる期待は大きいが、それだけでは厳しい、加藤さんは走れるのか?今年は立命大卒ルーキー真部さんを5区に抜擢。メンバーが着々と地力をつけている印象だけにもう予選会は鬼門とならず。

 

12位 スターツ

│予想区間オーダー
佐藤奈々ー西野まほー上杉真穂ーグレースキマンズィー赤坂よもぎー西川真由

昨年は4区キマンズィさんが区間19位ながらも総合13位を勝ち取ったスターツ。今年はそのキマンズィさんの上積みを期待。14位を争うライバルチームに比べ1、3、5区がやや分があるとみてスターツが今年もクイーンズ駅伝へ。特に3区上杉さんの安定感が何より頼もしい。メンバーに大きな変化もなく3年連続プリンセス駅伝を勝ち抜いてきた経験とチーム力もアドバンテージ。

 

13位 肥後銀行

│予想区間オーダー
平井見季ー菊地梨紅ー本田絵里香ー髙野鈴菜ー猪原千佳ー境田真夕

5,000mのPBを出した平井さんを1区にして今年もいい流れを作りたい。800m熊本県記録保持者で今季トラックで目覚ましい活躍をされたルーキー菊地さんが2区を走れば非常に楽しみな展開になりそう。3区と5区、長い距離を走れる人材がなかなか出てこないのが肥後銀行の課題。今年も本田さん、猪原さんに頼らざるえないオーダーでは厳しい。

 

14位 鹿児島銀行

│予想区間オーダー
倉岡奈々ー久保亜美ー池満綾乃ー松枝未代ー安藤有沙ー小原諒子

デンソーから移籍した倉岡さんがどこまで走れるかがポイント。1区でユニクロやスターツ、ルートインより先着できればチャンスが大きい。3区のエース池満さんがライバルチームより40〜50秒は稼いで10位をキープできれば2年ぶりのクイーンズ駅伝へ。好調の小原さんをアンカーに起用して14位を死守。

 

以上、クイーンズ駅伝への出場権を獲得できるTOP14の予想でした。熾烈な14位争いを繰り広げるのは岩谷産業、ユニクロ、しまむら、ムワンギ・レベッカさんを擁する初参戦ダイソーも不気味な存在。

 

岩谷産業
│予想区間オーダー
大同美空ー的塲麻歩ー今田麻里絵ー川村楓ー中野円花ー髙谷愛奈

 

ユニクロ
│予想区間オーダー
吉川侑美ー荘司麻衣ー森野夏歩ー康本花梨ー野村沙世ー小笠原晴季

 

しまむら
│予想区間オーダー
齋藤暁ー折笠有彩ー阿部有香里ー菅野未来ー大島里穂ー今井優

 

12位〜18位は大混戦、密不可避です。最終区間でサプライズなドラマを見せてくれるかもしれません。サプライズと言えば、この予想に強豪「第一生命グループ」の名前がないのが最もサプライズ。エリートチームゆえ普通に走れば14位以内に入りそうなものですが、今季走れている選手も少なく、エースの上原さんもメンバー入りしていない痛恨の現状。飯野さん田中さんのベテラン勢が退部し、湯田さん佐々木さん小枝さんと、これからのチームを支える人材も引退。抜本的なチーム改革への期待を込めた14位圏外の予想です。これで優勝とかしたらごめんなさい。

 

この答え合わせは10月18日(日)11時50分からテレビの前で、TBS系列で。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。