2月29日(木)

村山元首相に100歳のお祝い 母校・明大OBの北野大さんら』(日テレNEWS NNN)で久しぶりに村山元首相をお見かけしました。村山元首相といえば村山談話と長い眉毛くらいしか思いつかないほど政治には詳しくないのですが、100歳になられる今もお変わりなく眉毛は長いままでした。

 

特に買うものを決めないままスーパーに行きました。何を買おうか悩んだわりに、いつも買う牛乳と卵と納豆しか買わなかったことにがっかりしています。本当はポン酢も切れていたし甘いお菓子も欲しかったのに…と家に着いてからあふれるように思い出しています。

 

その人となりもわからないまま、ただただロング眉毛一本やりで『気の良さそうな憎めないおじいさん』という印象を獲得した感がある村山元首相。歳を重ねるにつれて髪の毛は薄くなるのに、どうして直下にある眉毛はぐいぐい伸びるのですか?その矛盾に満ちた現象については今も昔も検索する気には至っていません。

 

必要なものが無くて、必要でないものが有る今日もそれなりに慣れているので正しく落ち込むことができるのです。


あなたから五年離れた場所にいる春の匂いのする人たちと
スローモーションの匂い

2017年3月30日(木)   おしりの上にできたデキモノの手術を医者に薦められて絶望しています。絶望というの … 続きを読む

いにしえの空の色した思い出のラストシーンの続きはWEBで
空耳のつづき

2017年3月29日(水)   春になると思い出す人がそれなりにいます。その人の声が聞こえてしまうことを空耳と … 続きを読む

返り血を浴びない真昼の恋愛はラムネひとつを人質にして
溶けないラムネ

2017年3月5日(日)   久しぶりにラムネを買った。青く透明なボトルに入った昔からあるラムネ。小さい頃はな … 続きを読む